文学碑索引へ



与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌碑


 明治40年、『五足の靴』で北原白秋らと天草を訪れた与謝野鉄幹(寛)は、昭和7年今度は晶子夫人を伴い、再訪している。
 その時の歌碑が、上天草市松島町合津のパールセンターと天草市天草町高浜の十三仏公園に建っている。


上天草市松島町合津の碑

 昭和8年8月
 与謝野先生夫妻
 天草詠草の中より


 
   天草の
  島のあひだの夕焼けに 
   舟もその身も
    染みて人釣る
       
与謝野寛



  天草の
  松島ここに浮かぶなり
   西海のいろ
    むらさきにして
      
与謝野晶子


与謝野鉄幹夫妻の歌碑   天草市天草町高浜 十三仏公園
 
 
明治40年夏、新詩社の与謝野鉄幹、北原白秋、木下杢太郎、吉井勇、平野万里は富岡に泊り、わらじがけで大江教会にガルニエパマテルさんを尋ねた。
 越えて昭和7年秋、鉄幹は晶子夫人を伴い篭でこの地を訪れ、数々の名歌を残を残した。
 私たちは優れた歌人を偲ぶために、有志相計りゆかりの地にこの碑を建てることにした。


  昭和41年秋 
  天草町観光協会






   鉄幹
 

  天草の十三仏の山に見る
   海の入日とむらさきの波


   
晶子
  天草の西高浜のしろき磯
   江蘇省より秋風ぞ吹く


  
《註》碑文は原文を損なわない程度に修正しています。