目次へ



矢筈岳 476m  天草市本町平床



コンクリートで整備された道
 矢筈子宝陰陽
 珍しい石の柱の社殿
 苓北町・富岡半島を望む

 矢筈岳もすぐ下まで車道があり、苦労はいらない。本渡(本町)苓北広域農道を本渡から苓北に走ると、黒染めの池公園がある。ここを左折して、本町平床地区へ入る。細い道を走ると、何箇所か交差点があるが、標識があり、多分道には迷わないだろう。
 

 車道終点は、クランクになっている。ここに車を停め、登りに入る。この山は信仰の山であり、何箇所か石像や祠が安置してある。道はコンクリートで舗装してあり、安心して歩くことができる。地区の人が手入れをされているのがよく分かる
 

 途中には、陰陽神社もあり、最近衰えたなーという人や、子宝がほしい人はぜひ御参りすべきだろう。


 道は260mしかなく、簡単に頂上に着く。頂上にも立派な社があり矢筈岳観音を祀ってある。この社はめずらしく柱に石を使ってある。石柱の社は始めて見た。



矢筈岳神社由来については「氏神様」を参照下さい。


 神社の記帳面にたくさんの署名がしてある。けっこう登る人が多いみたい。



 頂上からの展望は苓北方面がよく見える。島原半島、野母崎半島も晴れた日にはよく見える。逆の方(本渡)は木が邪魔して、あまり眺望はきかない。