索引へ     

林芙美子文学碑  苓北町富岡 岡野屋旅館

旅に寝て
のびのびと見る
枕かな


  林芙美子


 

≪碑文≫

「天草灘」より抜粋

「私は、暫く、呆んやりと窓を見つめてゐた。鉛色の水平線が、窓の外で高くなったり、低くなったりしてゐる。
 「天草は、おはじめてですか?」
彼女が聞いた。
「いいえ、もう十一二年前でしたが、一度来た事があります。富岡の松木さんと云う雲丹屋さんで、美味しい雲丹を買った事がありました」
「今夜は富岡でお泊りですか」






 「天草灘」

 放浪作家、林芙美子(1903.12.31-1951.6.28)は、晩年の昭和25年に天草を訪れた。

 長崎で五泊し、茂木から汽船に乗り富岡へ上陸した。この小説は短編であるが、長崎の旅館でハンドバッグと時計の盗難にあった事。茂木-富岡航路の汽船の様子。富岡の岡野屋旅館の様子などが書かれている。
 汽船では、人懐っこい玉子売りの女性との交流、旅館では目の見えない女将との交流などが生き生きと描かれている。
 
 
 ただし、この「旅に寝て のびのびと見る 枕かな」の句は、天草でつくられたものではなく、徳島の阿波地田を旅した時の作品という。
   (拓本紀行 天草の文学碑 能 暘石編 より)

題字は壺井栄の揮毫という

≪参考≫

「天草灘」PDF 「別冊 文藝春秋」昭和25年5月23日 より 

ブログ「あまたん」の投稿記事から 
2013年1月23日 一部修正

林芙美子 Wikipedia


「天草灘」収録本

 「別冊 文藝春秋」第16号 文藝春秋新社 昭和25523日発行
 「文藝」10月号 河出書房 昭和27101日発行
 「天草の文学」 熊本県国語研究会 武藤光麿編著 昭和301011日発行


≪参考図書≫
 『わが人生の歩み』谷口幹人著 天草民報社刊 (非売品)
 『拓本紀行 天草の文学碑』 能暘石偏 印刷センター刊