索引へ    アダム荒川(PDF)


アダム荒川

天草最初の殉教者 アダム荒川 天草市本渡 殉教公園


 本渡殉教公園
 アダム荒川碑
     アダム荒川は、天文21年(1552)頃、長崎県島原半島の有馬生まれと言われ、1590年代には志岐の教会に伝導士又は看坊として勤めていた。
 慶長19年(1614)キリシタン禁教令により、志岐教会のガルシア・ガルセス神父が国外に追放されるとき、神父は、アダム荒川に志岐の教会の世話を頼み天草を去った。
 アダムは信者の世話に力をそそぎ、幼児に洗礼を授けたり、病人を見舞ったり、人々を励ましていた。やがて、迫害が厳しくなり、アダムは役人に捕らえられキリスト信仰の棄教を命じられる。しかし、さまざまな拷問を受けながらも信仰を守り続けた。このため遂に慶長19年6月5日志岐の刑場で処刑された。

[参考] 現在は城内に移転されている

アダム荒川殉教の地(推定地)
  苓北町富岡 
 富岡城の北側にある。