石橋索引へ   宗像堅固   削河碑



楠浦の眼鏡橋  天草市楠浦町 方原川

楠浦の眼鏡橋  熊本県指定文化財
  
楠浦の眼鏡橋

       指定年月日 平成18年5月29日

 楠浦の眼鏡橋は、楠浦と宮地(現在の新和町)とを結ぶために方原川に架けられた石橋である。架橋に尽力したのは第一三代楠浦村庄屋宗像堅固で、明治11年(1879)に完成した。石材は下浦石という、地元天草の加工しやすい砂岩で、石工は下浦の松次、打田の紋次、足場組枠大工は楠浦の和田茂七である。
 楠浦の眼鏡橋は、橋全体が緩やかなアーチをえがいており、ほかの石橋に比べて壁石が薄く、特にアーチ中央部は壁石がなく輪石のみという点が特徴的である。その姿は優美だが大変堅牢な橋である。また周囲の田園風景とよく調和し、特に楠浦諏訪神社秋季例大祭に神幸行列が橋を渡る様子は壮観である。

天草市教育委員会・天草市楠浦地区振興会

 
<参考> 本渡市指定文化財当時の案内板内容

本渡市指定文化財   楠浦の眼鏡橋  

  指定年月日 昭和33年5月1日
  所在地   本渡市楠浦町字中田原


 この眼鏡橋は、楠浦〜宮地往還を結ぶために方原川に架けられたもので、釜の迫の掘切りと共に、楠浦村庄屋宗像堅固氏の威徳を後世に伝える二大事業の一つである。アーチ型の石橋は優美にして且つ堅牢、橋長26m33cm、橋巾3m05cm 明治11年6月11日から80日間で完成している。石材は下浦石で、石工も下浦の松次、打田の紋次、足場枠組大工は楠浦の和田茂七である。宗像庄屋はこの架橋工事の25年前に前潟新田の水害を救うため、方原川の下流を変える釜の迫の堀切りの大工事をなし遂げている。即ち万延元年(1860)から元治元年(1864)まで実に5年余りの歳月と延4万5千余人を使った大工事であった。削河碑は、方原川が「なきごしの海」に曲がる河畔に建てられている。
 
本渡市教育委員会


《註》宗像堅個は正しくは堅固