索引へ   上田宜珍  窯業


旧家


旧家 上田家 天草市天草町高浜

 
上田家外観(役宅)
 
 見取り図
 
登録有形文化財票
 

上田家の由来

 上田家(東信濃の時代は滋野)は、大坂城落城後、我が天草、高浜の地に隠栖した。
天領天草の代官、鈴木伊兵衛重辰(しげとき)は万冶元年八月(1658年)、上田家第二代勘右衛門に庄屋を命じた。これが庄屋、上田家の租であり、その後代々庄屋が受け継がれた。
 この建物は七代目当主、上田宣珍(よしうず)の時代、文化十二年(1815年)に建築されたものである。(現在は十五代目である)
 約六百坪の土地に南向きに立てられ、大広間(十七畳)、中の間(十二畳)、居間(十二畳)、表座敷(十二畳)、奥座敷(八畳)、裏座敷(九畳)、離座敷(十二.五畳)など約百畳の広さと部屋数は、約二十室におよんでいる。
 天井は非常に高く、二間半ほどの高さである。
 家の材料は、シイ、マツなどの雑木を使い、がっしりと構築され、海からの強い西風や台風にはビクともせず長年の風雪に耐えてきた。
 山を背景に斜面を生かした庭園は、天草の中でも第一級のものである。このような旧役宅がそのまま現存しているのは歴史的、建築学的にも実に貴重な文化財である。

 

 上田家は、高浜村庄屋を勤めた。
以下『近代年譜』等から、歴代上田家・歴代庄屋を紹介する。
 遠祖 弥津甚平惟之  清和天皇の皇子貞保親王より出て、29代の後裔。本姓は滋野氏。信州弥津城主
 始祖 弥津正信  信州弥津城主弥津甚平惟之の22代孫。同国上田城主真田氏の一族として、真田昌幸に育てられた。 のち、真田幸村に従い大阪城を守る、幸村の命を受け、兵を募るため、家臣らと共に西国に下る。元和元年五月、大阪城落城。このため、処処漂泊して、元和三年、最終的に天草に渡海し、高浜村に隠れる。
家臣は炭を焼いて資とする。時に正信43歳。後姓を上田と改め、名を助右衛門と称し、宗沢と号する。
 二代 勘右衛門定正
 (1代)
 正信の子。万治元年、代官鈴木重辰により、高浜村庄屋を命じられる。再三これを固辞したが、後拝命。
 三代 伝右衛門定政
 (2代)
 定正の子。2代め庄屋。
 四代 友右衛門遠栄
 (3代)
定正の三男。長兄、次兄とも早世のため、3代め庄屋拝命 
五代 勘右衛門達賢 
 (4代)
遠栄の子。肥後川尻にて客死する。 
 六代 伝五右衛門武弼
 (5代)
達賢の子。 高浜焼き生みの親。
 七代 源太夫宜珍
 (6代)
宝暦五年十月二十五日武弼の次男として生まれる。安永七年24歳で庄屋見習い、寛政元年35歳で庄屋拝命。文化四年53歳の時、大庄屋格に列せられる。文政元年64歳で隠居。文政十二年九月二十五日歿。75歳。
※ 詳しくは、上田宜珍を参照。
 八代 養右衛門定温
 (8代)
六代武弼の末子。宜珍の弟。幼名友三郎。宜珍に男子が生まれなかったので、その嗣となる。享和二年今富村の庄屋となり、隠れキリシタン発覚事件に尽力する。 
在職19年、文政三年、嫡子定行に役を譲る。文政六年庄屋信親に代り、庄屋となる。
 九代 順一郎信親
 (7代)
宜珍の甥。母は武弼の末女。宜珍の嗣子定温が、今富村の庄屋となったため、養父の養父の譲りを受けて高浜村庄屋となる。
十代 源太夫定行
 (9代)
定温の子。父定温の後を継ぎ、今富村庄屋となる。後伯父宜珍の養子となり、 信親に代り、高浜村庄屋となる。
十一代 源太夫定珍
 (10代)
定行の嫡子。20歳で高浜村庄屋となる。 
十二代 松彦
 (11代)
 定行の二男。定珍に嗣がなかったため、高浜村庄屋となる。


<資料及び詳しいことを知りたい方は>
 『天草近代年譜』松田唯雄著
 『天草陶磁焼の歴史研究』鶴田文史著
 『上田宜珍傳』角田政治著 昭和15年発行